スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


スラタニーも通過した沢木耕太郎の紀行小説の深夜特急

☆ペナン島のホテル・安宿情報と宿泊レビュー

スラタニーも通過した紀行小説の深夜特急

シンガポールへ向かうため、バンコクを列車で出発し、チュンポンで1泊。
さらに列車で南下、乗り換えのため、スラタニ駅に降り立つ。
夜8時半に到着し、11時のハジャイ行きまでのわずか2時間半。

列車を待つ間に駅前でご飯を食べて、ローカルのタイ人との会話も。
小説ではたったの2ページ半で、次のシーンはハジャイへ。

DVDを観ても、やはりスラタニでご飯を食べる大沢たかおがいました。
小説よりももっとあっさりと通り過ぎた感じでしたが。

スラタニの駅は中心部からは10kmくらい離れていて、
何とも寂しいところで、駅前が少し賑やかな程度。

スラタニの中心部もちょっと寂れた地方都市という気も
しないではないですが、人はたくさんいるな~と思ったことがありました。

   

深夜特急の小説版とDVD版の詳細を
>>アマゾンでみる
>>楽天市場でみる
>>Yahoo!ショッピングでみる

スポンサーリンク


テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

TAG : タイ スラタニ 南部 鉄道 マレー半島 深夜特急 大沢たかお 沢木耕太郎 列車 駅前

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。